ダメージ別自動車の板金修理に掛かる費用

毎日車を運転していると、どこかに車にキズを付けてしまいますよね。ポールやガードレールで擦ったり、狭い駐車場で柱や車止めにぶつけてしまったり…。少し凹ませただけでもディーラーに修理をお願いすると数十万以上と言われることもあり二重に気が重くなります。当然、ディーラーや修理工場ごとに違ってきますが、すこしボディを凹ませたくらいの修理ではだいたい幾らくらい掛かるものなのでしょうか。誰がどうみてもぶつけて凹んでいるような状態から、バンパーをほんの少し擦ったという軽い状態まで同じような金額が掛かるとは思いませんが、何を治すのに幾ら掛かるという感覚を身に着けておくことは非常に重要です。では、ダメージの度合い別にまとめて費用の感覚を掴んでいきましょう。

簡単な板金修理にかかる費用とは

まずは軽く擦った程度のキズの修理をする場合の相場を確認してみましょう。車を擦ってスリ傷を付けるような接触をした場合の殆どがバンパーとドアミラーで1箇所広い面積にキズを付ける事が多いようです。15cmx15cm程度の面積で1箇所のキズなら大体15000円前後が平均的なようです。何度も切り替えしたりして傷の数を増やしてしまい2箇所、3箇所と増えていくと概ね4万円前後まで掛かってしまう事が多くなります。またボディでも特に感覚が掴みづらいタイヤの周りがバンパーとミラー以外の場所では次いで傷をつけることが非常に多い場所になっているようです。こちらもスリ傷程度ならバンパーと同じような金額で、17000円前後から、傷の箇所が増えるごとに一定の割合で増額という形式になります。

ダメージの大きい板金修理の費用は

スリ傷では済まない、明らかにぶつけてしまった場合の費用は幾らでしょうか。一見して分かるレベルの凹みはバンパーでもボディでも3万円前後からになります。凹ませた数だけ料金も掛かります。交渉によっては少し減額に応じてもらえる場合もあるかもしれませんが、基本的には1箇所あたり3万円前後の出費は避けられないようです。あまりにも酷いと板金修理では対応できず、部品交換となる場合があります。そこまでいくとドア一枚でも少なくとも10万円は下回らないようです。元の車両価格が高い場合部品代も高い事が殆どで痛い出費になりますが、中古で乗り潰すつもりで乗っている車だと廃車のほうが安いということになりかねません。このようなダメージの修理はどうしても避けるよう、普段から運転には注意したいですね。

たくさんのお客様にご利用いただくために朝9時から夜22時まで営業。 日々、徹底的に努力して、板金業界の常識を覆すべく激安に挑戦中! なぜこんなに安くできるのか?激安の理由をサイトで公開中しています。 ターゲット層は、車の傷の修理を格安で行いたい方や、車の板金塗装など早く安く見積もりして貰いたい方です。 板金修理は池内自動車にお任せ!